2010年04月29日

EUタイ代表部、情勢に懸念 - 法の尊重と話し合いによる解決を要請

 欧州連合タイ代表部の女性報道官は29日昼過ぎ、現在のタイ国内情勢に強い懸念を持っていると共に死傷者に対して悲しみの念を表明した上で、法の尊重と有益な話し合いによる平和的且つ民主的な解決策の模索を呼びかける声明を読み上げた。

 この声明は、同日昼前タイ代表部を訪問した反独裁民主主義同盟の代表との間で約45分間に渡る協議が行われた後に読み上げられたもの。

 同盟側代表として協議の席についたチュットチャイ・タンティシリノット氏によると、同盟側から、集会会場の視察及び10日の衝突を初めとする強制調査案件の調査参加の為の職員派遣を代表部に要請し、代表部から検討するとの回答が得られたが、具体的な回答期日は代表部側からは提示されなかったという。

posted by Jean T. at 17:01| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。