2010年05月28日

同盟幹部が休憩に使用していたコンドからライフル等を押収

 各報道によると、警察当局は27日、反独裁民主主義同盟幹部のクワンチャイ・プライパナー氏及びパーヤップ・パンゲート氏が集会期間中に休憩場所として使用していたコンドミニアム内で家宅捜索を行い、銃器類や銃弾を押収した。

 家宅捜索が行われたのは、ラーチャプラソン交差点の集会会場に近いパトゥムワン区ソーイ・ランスワン5にあるサワディー・ランスワン・インで、室内にあるトイレの天井裏から拳銃1挺や8発の銃弾、覆面が入ったカバンが、4階通路(報道により4階の階段)の天井裏からアサルトライフル1挺やマガジン6個、98発の銃弾、銃剣1本、赤十字のマークが入ったベストが押収された。

posted by Jean T. at 00:05| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。