2010年05月31日

黄服派幹部、赤服過激派が東北部をターゲットにした不穏な動きを計画

 INNによると、民主主義市民連合シンパでタイは一つ協会代表のタイゴン・ポンスワン氏は30日、東北部に拠点を置く反独裁民主主義同盟の過激派が、東北部を南部国境三県域と同様な状況に陥れる為に、夜間外出禁止令解除後に不穏な動きを計画しているおそれがあると警告した。

 タイゴン氏によると、同盟幹部の指揮下にある過激派が暴動を引き起こすための訓練をカンボジア国内で受けると共にサコンナコン県内に指令本部を設置し夜間外出禁止令解除後の不穏な動きに備えているとの情報を同盟の最高幹部筋から得ているという。

posted by Jean T. at 00:21| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。