2010年06月13日

ヤッラー、パッターニーで飲食店やカラオケ店を狙った連続爆破で20人以上が死傷

 各報道によると、12日19:30頃から20:30頃にかけてヤッラー県とパッターニー県内で3回にわたる連続爆破が発生し、20人以上が死傷した。

 ヤッラー県県都内では12日19:30頃にバイクに乗った2人組が焼き肉店向け爆発物を投げ込み、更に5分後にはバイクに乗った2人組がお粥店に向け爆発物を投げこみ、2箇所で発生した爆発により地元行政庁の自警団に所属する男性(35)が死亡し、20人以上が負傷した。

 また、パッターニー県コークポー郡内では、バイクに乗った2人組がカラオケ店に向けM67を投げ込み、オーナーの娘婿(39)が負傷した。

 当時、店内には開店直後という事もあり客は1人もいなかった。

 一方、ヤッラー県ラーマン郡内では12日16:00頃、車を運転中だった村長(54)がバイクに乗った2人組に銃撃され死亡した。村長はヤッラー県の県知事と親しい関係にあった。

 また、ナラーティワート県ランゲ郡内では12日16:30頃、バイクで路上を走行中だったイスラム教徒の男性(29)が、バイクに乗った2人組に銃撃され死亡した。男性は村自警組織に所属していた。

posted by Jean T. at 00:54| バンコク ☁| 南部情勢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。