2010年06月13日

ヂャトゥポン氏、コーラートの赤服幹部殺害は政府の仕業 - 暗殺を止めない場合は第三次大規模行動

 各報道によると、反独裁民主主義同盟幹部のヂャトゥポン・プロームパン氏は12日、ナコンラーチャシーマー県の赤服軍団幹部やナコンパノム県の赤服軍団、パッタヤー地区の赤服自警組織員の殺害事件は政府による暗殺であると指摘した上で、政府に対して集会解散後も地方まで赤服を追いかけて殺害するような行為を止めるよう訴えると共に、果たしてこのような状況の中で和解推進が実現できるのか、国民を騙して赤服軍団を2%にまで減少させた上で議会を解散しようとしているのではないかという疑問に対して政府は応えるべきであると指摘した。

 ヂャトゥポン氏によると、このような追跡・暗殺行為が蔓延れば、政府は復讐心を晴らそうと思う赤服軍団と三回目の直面を迎える事になると指摘した。

posted by Jean T. at 00:59| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。