2010年06月28日

陸軍補給連隊のオイルタンクに向け爆発物が撃ち込まれる、RPGとの見方も

 カーオソット紙によると、28日22:00頃、ノンタブリー県内にある陸軍補給連隊のオイルタンクに向け爆発物が撃ち込まれたが、幸いタンクが空だった為爆破を免れた。

 爆発物は約100メートル離れた地点から発射されたと見られ、またバイク2台に分乗した不審な4人組が現場付近を周回していたとの目撃情報がある。

 ノンタブリー県の県都警察署は、爆発物は補給連隊裏手のソーイ・サイトーン15から撃ち込まれたと見られ、また現場から回収された爆発物の破片等から、犯行にRPGが使用された可能性が高いとの見方を示している。

posted by Jean T. at 13:20| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。