2010年06月29日

罰当たり強盗、僧房に忍び込み僧侶の現金等を盗む

 各報道によると、28日6:30頃、托鉢に出かけていた際に何者かが僧房に忍び込み現金200バーツや携帯電話を盗まれたとの通報が僧侶からパッタルン県県都の警察に寄せられた。

 通報してきた僧侶によると、これまでに寺の僧侶が托鉢に出かけている時間帯を狙った空き巣が6回にわたり発生していた為、全ての僧侶が僧房内にある自分の持ち物に対して細心の注意を払っており、また自分も僧房の入り口に3重の鍵をかけていたがそれでも忍び込まれてしまったという。

 僧侶によると、僧房内に金目の物を置いておかなかったことが不幸中の幸いだったという。

posted by Jean T. at 00:10| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。