2010年06月30日

政府、無料バスを初めとする家計負担抑制策の年末までの延長施行を確認

 各報道によると、政府は29日招集された定例閣議の席上で、無料バスや列車3等席の無料化を初めとする国民の家計負担を抑制する為の政策を年末まで延長施行する方針を確認した。

 この政策はサマック政権時代に景気刺激策の一つとして導入されやもので、無料バスや列車の3等席の無料化の他に所定の使用量を超えない消費者に対する電気や水道料金の無料化が含まれている。

 また、LPG及びNGVガス価格を来年2月迄据え置く方針が確認された。

posted by Jean T. at 00:00| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。