2010年06月30日

商業会議所大、第1四半期に12%の経済成長見通し - 通期で4.5%-5.2%の成長を見込む

 各報道によると、商業会議所大学経済・ビジネス予測センターのタンナワット・センター長は29日、世界的な景気回復基調に下支えされた輸出部門等の回復や民間の投資増、年始期間の到着旅客増等に引っ張られ、今期第1四半期に12%の国内総生産成長率を達成する見通しである事を明らかにした上で、今年度通期の国内総生産成長率見通しを4%だった前回見通しから4.5%-5.2%に上方修正した事を明らかにした。

 但し、この上方修正された通期見通しは、政治情勢の安定化や継続的な世界的景気の回復基調、ヨーロッパに於ける金融危機リスクが無い事等を前提としたもので、仮にこれらのマイナス要因が今後発生するような事があれば、通期の成長見通しは3.5%に留まる見通しだという。

posted by Jean T. at 00:00| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。