2010年07月03日

オイルタンクRPG攻撃、実行グループに結びつく証拠を掴む

 各報道によると、法務省科学捜査研究所のポンティップ所長は2日、ノンタブリー県県都内にある陸軍補給連隊基地の空のオイルタンクを狙って2発のRPGが撃ち込まれた事件に絡んで、実行グループの特定に結びつく可能性がある証拠を掴んでいる事を明らかにした。

 同所長は発言の中で、ノンタブリー県の警察本部長から科学捜査研究所に分析依頼があったある証拠品から実行グループの特定に結びつきそうな重要な痕跡が確認された事を明らかにしたが、証拠品の詳細に関しては明らかにしなかった。

 また、RPGが発射されたと思われる地点付近で発見された、実行犯が乗り捨てたと見られるバイクから爆発物の成分の付着が確認されなかった事を明らかにした。

posted by Jean T. at 01:19| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする