2010年07月08日

首相、年末までに赤服が再集結 - 法の厳格執行により衝突を回避する意向

 各報道によると、アピシット首相は7日、赤服軍団が年末までに確実に活動を再開するとの考えを示した。

 この発言に先立ち、ステープ副首相が、反独裁民主主義同盟が年末に活動を再開するおそれがあると指摘していた。

 アピシット首相によると、赤服軍団の活動再開による情勢激化を回避する為に、過激思考を持つグループに対して法を厳格に執行すると共に国民が過激派の道具として利用される事を防止する為に国民との理解共有に努めていく考えだという。

 特に、過激派の道具として利用されるおそれがある層との理解共有に関しては、依然困難がある事を認めた上で、各階層の協力の下で理解の共有に努めていく必要があるとの考えを示した。

posted by Jean T. at 00:00| バンコク ☀| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。