2010年07月19日

ナラーティワートで駅舎に向け2発のM79、人的被害は無し

 各報道によると、17日21:50頃、ナラーティワート県ヂョアイローン郡内にあるタイ国鉄ブーギット駅の駅舎に向け2発のM79が連続して撃ち込まれたが、幸い人的な被害は無かった。

 調べによると、軍関係者が駅舎周辺の警戒作業中に、人数不明のグループが駅舎から約150メートル離れた路上から駅舎に向け2発のM79を連続して発射し、1発目は駅舎から約5メートル離れたプラットホーム上に、2発目は駅舎近くの軍の臨時駐屯地側にあるランプータン畑に着弾、爆発した。

 この一年の間に3回にわたり同駅及び隣接する軍の臨時駐屯地に向けたM79発射が発生していた。

 また、同県スンガイ・ゴーロック郡中心部では18日未明、カラオケ店前で食事中だった同店のマレーシア人オーナー男性(57)が銃撃を受け死亡した。一緒に食事中だったタイ人の妻(28)は難を逃れた。

 調べによると、カラオケ店前に止まった乗用車から出てきた男が,男性に向け銃弾3発を発砲した上で、車に飛び乗り逃走した。

 警察側は、事業を巡るトラブルが背景にあると見て、南部情勢絡みの犯行の可能性を含めて捜査を開始した。

 殺害された男性は、スンガイゴーロック郡内に20軒前後のカラオケ店を経営する大物投資家として知られていた。

 一方、パッターニー県メーラーン郡内では18日、バイクで路上を走行中だったイスラム教徒の男性が、何者かに銃撃され死亡した。

posted by Jean T. at 00:45| バンコク ☁| 南部情勢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。