2006年03月30日

政府、80-90%の投票率を達成した県の知事に報償

 政府はこの程、4月2日に行われる総選挙で80%から90%の投票率を達成した県の知事に対して何らかの報償を提供する方針を明らかにしました。

 これは、昨日総選挙に向けた準備状況の視察の為にアユッタヤーを訪問したコンサック国務大臣が明らかにしたもので、特に候補者が一人しかいない選挙区での投票率低下が懸念されることから、各県知事に対して選挙公報を強化し最低でも75%以上の投票率の達成を目指すよう檄を飛ばすと共に、特に80%から90%の投票率を達成した県に対しては何らかの報償を提供する方針を明らかにしていたようです。

posted by Jean T. at 02:08| 解散・選挙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。