2010年07月29日

父親から成績不振をたしなめられ罰として部屋に監禁されていた少女を救出

 各報道によると、児童・女性権利擁護財団を主宰するパウィーナー・ホンサグン女史は28日、バンコクのノーンケーム区ペートガセーム通りソーイ106にある民家の部屋の中に監禁されていた12歳の少女を救出した。

 少女によると、約1ヶ月前に実父とその後妻と一緒に住むためにバンコクに引っ越し転校して以来成績がふるわず、しかも成績をあげる事ができなかったため、前日夜に父親から成績の事をたしなめられると共に暴行された上で部屋に監禁されたという。

posted by Jean T. at 00:53| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。