2010年07月31日

刑裁、同盟ウィーラ氏の保釈を認める - 同盟側は順次幹部の保釈を申請

 各報道によると、刑事裁判所上訴法廷は30日、テロ容疑等で拘置中の反独裁民主主義同盟議長のウィーラ・ムシッカポン氏の保釈を認める決定を下した。

 上訴法廷側は、300万バーツの申請に対して600万バーツの保釈金による保釈を認めた上で、ウィーラ氏に対して親族を除く5人を超えるグループの集会参加の禁止及び国外渡航、バンコク外への移動禁止を命じた。

 同盟顧問弁護士のカーロム・ポンタグラーン氏によると、8月3日にゴーゲーオ・ピグントーン氏とウェーン・トーヂラーガーン氏の保釈を申請するのを手始めに順次拘置中の同盟関係者の保釈申請を行い、最後にナタウット・サイグゥア氏の保釈を申請する方針だという。

posted by Jean T. at 11:51| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。