2010年08月01日

ヂャクラポップ氏、元首相が赤服と決別する見通し - 赤服には既に他の資金源

 31日付けの各報道によると、反独裁民主主義同盟元幹部で現在国外逃亡中のヂャクラポップ・ペンケー氏は、タクシン元首相が赤服軍団との政治的共闘関係を清算する方向で検討しているとの認識を示した。

 これは国外メディアとのインタビューの中で語られたもので、ヂャクラポップ氏はその理由として、タクシン元首相がメリットをキーに今後の政治活動の方向性の見直しを進めていると確信していること、また赤服軍団には新たな資金支援者が既に存在し同元首相や一族等からの支援に依存する必要が無く、同元首相も赤服軍団の支持者としてこれまで活動していた事をあげた。

 また、多大な損害をもたらした今年5月の騒乱に関しては、全て集会参加者をしっかり掌握していなかった「ステージ上の幹部」によって引き起こされたものであると指摘した。

posted by Jean T. at 00:44| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。