2006年03月31日

バイタク運転手等がプーヂャッガーン紙社屋前で抗議行動

 タイ時間17時現在、バイ宅運転手等で構成された首相支持派グループ数百人が都内プラッアーティット通りにあるプーヂャッガーン紙の社屋前を封鎖し抗議活動を展開中。

 バイタク運転手等は先に、国家警察本部に対して同紙社主のソンティ・リムトーングン紙及びそのインタビュー記事を掲載したコム・チャット・ルゥック紙にを不敬罪で告発する手続きを行っていました。

(タイ時間 17:10)

 有名なボクサーが街宣車の上に立って演説するなど、色々と頑張っていたバイタク軍団ですが、プーヂャッガーン紙社屋側からのタクシン首相をパロッたアイ・コン・ナー・リヤムの大音量攻撃及び同社社員や近隣住民からの出て行けコールに圧され、早々に立ち去っていったようです。

 タイ国内で、現在最も社員のモティベーションが高いメディアであるプーヂャッガーン紙を敵に回したのが、今回のバイタク軍団の敗因という事でしょうかね。

 また、現場でタイ・ラック・タイ党報道官のシター・ティワーリー空軍少将の票の取りまとめ役の姿が目撃されていたようです。

 一方、ソンティ・リムトーングン氏が本日15時過ぎ、急遽中国の桂林に飛び立っていた事が明らかになっています。

 とりあえず、本人は観光の為と説明していたようですが、民主主義市民連合側が誤解する恐れがあるとして急遽31日中にタイに帰国する事になったようです。

(タイ時間 20:50)

posted by Jean T. at 22:47| 市民集会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。