2010年08月31日

シーサーケートで地方リーダーが爆発物を投げつけられ重傷

 各報道によると、29日22:00頃、シーサケート県クカン郡内で、何者かがバイクで路上を走行中だったタムボン行政機構評議会議長(69)に向け瓶を使用した爆発物と思われる物を投げつけ、同議長が重傷を負った。

 病院に搬送された議長によると、帰宅の為にバイクで路上を走行していた際に、上半身裸で頭にターバンを巻いた男が何かを投げつけてきたが、投げつけられた物に関しては不明だという。

 警察によよると、現場から投げつけられた物を特定する証拠は回収されていないが、議長の傷の状況から瓶を利用した爆発物が犯行に使用された可能性が高いという。

 また、議長によると、女性絡みのいざこざを抱えていないことから、議長就任後に5人の職員を異動したことと関係する地方政治絡みの思惑が犯行の背景にあるのではないかという。

posted by Jean T. at 00:00| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。