2010年08月31日

政府、地下鉄爆破計画は存在せず - 野党側のでっち上げ

 各報道によると、ステープ副首相は30日、安全保障当局が地下鉄線を狙った爆破が計画されているとの情報を掴んでいないことを確認した。

 先にプゥア・タイ党のプロームパン報道官が、9月から10月にかけて地下鉄を狙った大規模な爆破が計画されているとの情報があると警告していたが、ステープ副首相は、このような情報を安全保障当局は掴んでおらず、プゥア・タイ党側が情報をでっち上げた疑いがあると指摘した。

 また、首都圏警察本部のサンターン本部長も、警察の情報当局筋も当該情報を掴んでおらず、またかかる情報に絡んだ警戒態勢の強化も指示されていない事を明らかにした。

 一方、民主党のブラナット報道官は、プロームポン報道官は、かかる情報の詳細を明らかにし、情報が真実であることを証明するべきであると指摘すると共に、警察に対して、同報道官を召喚し事実関係を確認するべきであると指摘した。

posted by Jean T. at 00:00| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。