2010年09月09日

シーアユッタヤー通りで2発の消火器爆弾が回収

 各報道によると、8日2:30頃、バンコクのラーチャテーウィー区内シーアユッタヤー通り沿いの学校前にかかる歩道橋下で、ショルダーバックの中に入れられていた消火器を使用した2発の爆発物が発見され回収処理が行われた。

 同日招集された非常事態対策本部の会合の席上で首都圏警察本部パヤータイ署の署長が明らかにした。

 回収された爆発物はデジタル時計を使用した時限発火式のもので、南部国境三県域で発生している爆破事件に使用されているものと酷似しているという。

 警察は、一連の情勢扇動活動の一環として仕掛けられたと見て捜査を開始した。

posted by Jean T. at 00:00| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする