2006年04月09日

危険な10日間初日に30人が交通事故で死亡

 道路交通安全センターの発表によると、ソンクラーン期間中最も交通事故件数が多い所謂危険な10日間初日となった7日の全国で286県の交通事故が発生し30人が死亡し、314人が負傷を負ったそうです。

 同センターによると、最も死亡者が多かった県が、信号待ち中だった18輪トラックに小型トラックが追突し3人が死亡する事後が発生するなど、合計4人の死亡者を出したチャチュンサオ県で、以下、ガーンヂャナブリー県、トラン県、パトゥムターニー県でそれぞれ2人の死亡者を出していたようです。

 また、負傷者に関しては、12人の負傷者を出したナコン・ラーチャシーマー県が一番多く、以下、ヂャンタブリー県、トラン県、サゲーオ県、ウボンラーチャターニー県でそれぞれ11人の負傷者を出していたようです。

 一方、事故原因に関しては、飲酒・酒気帯び運転が21.68%で一番多く、以下、スピードの出し過ぎが17.13%、バイクの無謀運転が12.94%という結果になっているようです。



posted by Jean T. at 02:07| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。