2010年09月28日

補選出馬のステープ副相、現職のまま選挙戦

 先にスラーッターニー県第1選挙区で行われる補欠選挙への擁立が内定したステープ副首相は27日、副首相のポストのままで選挙戦を戦う方針である事を明らかにした。

 各報道によると、ステープ副首相は、憲法に違反しないとして副首相ポストのままで選挙戦を戦う意向であるとしたが、仮に法に違反する事が判明した場合は副首相辞任も吝かではないとした。

 選挙委員会のソトシリー委員によると、憲法及び選挙関連法は政治的ポストにある候補者の出馬を禁止していないことから、ステープ副首相の立候補を拒絶する事ができないという。

 尚、党としての最終公認は、バンヤット・バンタッターン氏を委員長とする擁立候補選抜委員会の選考を経て党幹部会の場で最終決定される予定。

posted by Jean T. at 00:00| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。