2010年09月29日

麻薬所持容疑で日本人会社役員を逮捕、日本人の同僚に転売していたと供述

 ネーション系のタイ語速報によると、アユッタヤー県バーンパイン郡の警察は28日、日系企業役員の日本人の男(46)を麻薬所持容疑で逮捕し、麻薬ヤーアイス0.57グラムを押収した。

 当時男はタイ人運転手運転の車で移動中で、ヤーアイスは男がしっかりと握りしめていた革製のクラッチバッグの中に入っていた。

 男は取り調べに対して、サラッブリー県内のエージェントから一回あたり2-3万バーツで麻薬を仕入れ、会社内の日本人の同僚に転売していたと供述しているという。

posted by Jean T. at 00:00| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。