2010年09月29日

麻薬で逮捕の日本人役員、予てから警察が動向を監視 - 男はバッグは拾ったものと主張

 日本人の会社役員の男(46)が麻薬所持で逮捕されたとネーション系のタイ語速報が28日に報じていることに関して、その後に確認出来たマティチョン紙の報道により、男が逮捕されたのは28日18:20頃で、会社を出てスクムウィット通りソーイ39にある自宅に帰る途上だった事が明らかになった。

 また、麻薬ヤーアイス0.57グラムの他に吸引用器具として使用される瓶やストロー、タバコ用ホイルが押収されている。

 タイ人の運転手(33)は、自分は単なる運転手で麻薬の事は知らないと話しているという。

 警察は、予てから男がサラブリー県内のマッサージ師からヤーアイスを受け取っているとの捜査結果に基づき男の動向を監視していたが、男は、ヤーアイスが入っていたバッグは会社で拾ったもので、自分のものでは無いと主張しているという。

 尚、先に確認出来たネーション系のタイ語速報は、日本人の同僚に麻薬を転売していたと男が供述していると報じている。

参考
麻薬所持容疑で日本人会社役員を逮捕、日本人の同僚に転売していたと供述

posted by Jean T. at 10:53| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。