2010年09月30日

武装集団が果樹選別作業中の仲買人等に向け銃を乱射し8人が死傷、パッターニーで

 各報道によると、28日19:30頃、パッターニー県サーイブリー郡内で、人数不明の武装集団が、ロンゴン畑の倉庫内で果樹の選別作業中だった仲買人や畑関係者に向け銃を乱射し、仲買人の女性1人を含む5人が死亡し、10歳と8歳の姉弟を含む3人が負傷した。

 死傷した8人の内、仲買人の4人は全員南部国境三県域外の者で、また残りの4人はイスラム教徒の畑関係者だった。

 調べによると、小型トラックで現れた5人前後と見られる治安当局者風の衣装を着込んだ男が、作業中だった8人に向け銃を乱射すると共に倉庫前に駐車してあった車に油をかけ火を放った上で逃走した。

 治安当局は、分離主義組織関係者による犯行と見て捜査を進めている。

 一方、28日8:50頃、ヤッラー県グロンピナン郡内で、児童送迎用の小型トラックを狙った爆発が発生したが、当時車内にいた50歳と45歳の運転手夫婦には被害は無かった。

 運転手によると、爆発発生前に付近の林に人が潜んでいるのを目撃しており、また小型ラックを軍関係者のものと勘違いして爆発物を起爆したのではないかという。

posted by Jean T. at 00:00| バンコク ☔| 南部情勢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。