2010年09月30日

バンコクで発生した連続爆破の内少なくとも4件は同一グループの犯行の可能性

 各報道によると、国家警察本部及び首都圏警察本部の合同捜査チームは28日、今年3月下旬からバンコク内で連続して発生している爆破事件の内、少なくとも4件が同一グループの犯行である可能性が高い事を明らかにした。

 同一グループの犯行と見られる4件の爆破は、3月27日に発生した陸軍系テレビ局を狙ったM67の投下、同30日に発生したプレーム枢密院評議会議長系の功労政治家財団へのM67の投下、7月30日に発生したキングワパー社前の爆破及び今月21日に発生したスパーワディー・タワー・コンドミニアムの爆破で、監視カメラ映像等からそれぞれの事件で形状が似た着衣をまとった同様な姿態の実行犯が同様な形状のバイクを使用していた事が確認されているという。

 捜査チームによると、4件の爆破事件に関する捜査が進展しており、現在実行グループの摘発に向けた証拠固めが行われている段階だという。

posted by Jean T. at 00:00| バンコク ☔| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。