2010年10月26日

南部国境三県内でゴム農園を狙った連続爆破が発生し16人前後が死傷

 各報道によると、25日1:00過ぎから10:30過ぎにかけてナラーティワート県7郡内にある10箇所前後のゴム農園内で連続して爆発が発生し、農園内で作業中だった住民1人が死亡し、12人前後が負傷した。報道により負傷者の内2人が警察官とするものもある。

 また、パッターニー県サーイブリー郡内では25日6:30過ぎに2箇所のゴム農園内で連続して爆発が発生し、作業中だった何れも50歳の男性2人が負傷し、ヤッラー県ラーマン郡内では25日6:00過ぎにゴム農園内で爆発が発生し、作業中だった70歳(報道により72歳)の男性が負傷した。報道により男性が爆発物を踏んだ衝撃で爆発が発生したとするものもある。

 一方、24日8:00前、ヤッラー県県都内の路上で、人数不明のグループが走行中のワンボックスカーに向け銃を乱射し、運転していたイスラム教徒の男性(55)及びその姪(13)が負傷した。男性は姪を学校に送り届ける途上だった。

posted by Jean T. at 00:20| バンコク ☁| 南部情勢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。