2010年10月27日

販売目的で麻薬を所持していた女子大生を逮捕、麻薬は服役中の男の手配で入手

 各報道によると、首都圏警察本部は25日、販売目的で麻薬を所持していた容疑で、有名私立大学4年生の女(24)をバンコクのバーンコーレーム区ヂャルゥンクルン通りソーイ107内で逮捕し、麻薬ヤーバー錠2,000錠を押収した事を明らかにした。

 女は、逮捕に乗り出した警察官を見て車を急発進させ逃走を試みたが、前方のタクシーに追突した衝撃で発生した玉突き衝突により逃げ道を塞がれ逮捕となった。

 女は取り調べに対して、遊ぶための金欲しさから、服役中のジョーと名乗る男を通して転売用の麻薬を仕入れたが、このような事をするのは今回が初めてであると供述しているという。

 女によると、ジョーなる男がどこの刑務所に服役しているか知っておらず、また麻薬はジョーから指示を受けた手下の者から引渡されたという。

* 報道画像
http://goo.gl/76UU

posted by Jean T. at 00:00| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする