2010年10月29日

偽造ビザを使用したオランダ人男が国境検問所で摘発、ビザ取得代行サービスを利用

 各報道によると、サケーオ県アランヤプラテート郡の入国管理当局は、偽造されたビジネスビザを使用した容疑でオランダ人の男(45)を国境検問所で逮捕した。

 男がカンボジアに向け出国する為にパスポートを係官に提示した際に、パスポートに貼られていたイギリスのグラスゴーにある領事館で発行されたビジネスビザが偽造されたものである事が発覚した。

 男は取り調べに対して、ビジネスの為にグラスゴーの領事館でビジネスビザを取得した後にタイに入国していたが、ビザを更新する際に、バンコクのプラカノーン地区にある旅行代理店が約5,000バーツで提供している、パスポートだけ預ければ自分は出国せずに国外発行のビザを取得する事ができるサービスを利用して新規のビザを取得したが、まさか偽造されたものだとは思わなかったと供述しているという。

 入国管理警察局は、外国人を騙して偽造パスポートや偽造ビザを掴ませる組織が存在しているとして外国人観光客に対して注意を呼びかけると共に、ビザの更新は自分自身で国外で行うものであるという事に留意するよう要請した。

* 逮捕された男
http://goo.gl/m9eL

posted by Jean T. at 00:00| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。