2010年10月31日

スラーッターニーの補選、ステープ前副相が12万7千票差で当選

 選挙委員会が発表した、30日にスラーッターニー県第1選挙区で行われた補欠選挙の非公式集計によると、民主党から出馬した前副首相のステープ・トゥアックスバン氏が149,458票を獲得し、プゥア・タイ党から出馬したウォーラウット・ウィチャイディット氏の21,956票を大きく引き離し当選を決め、同選挙区の民主党の議席を維持した。

 尚、12,060票が誰にも投票しない、2,481票が無効票だった。

 今回行われた補欠選挙は、県都、ガンヂャナディット郡、バーン・ナーサーン郡、ゴ・サムイ郡、ゴ・パンガン郡、ドーンサック郡及びウィヤンサラ郡で行われ、投票率は53%だった。

posted by Jean T. at 09:48| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。