2010年11月05日

選挙委、選挙区選出議員5人の欠格を受け12月12日に補欠選挙を行う方針を決定

 各報道によると、憲法裁判所による下院議員資格欠格判断により選挙区選出下院議員5人が失職した事を受け選挙委員会は4日、議員不在となる5つの選挙区を対象に12月12日に補欠選挙を行う方針を決定した。

 閣議承認を経て国王認証を受けた後に正式に補欠選挙の日程が公示される。

 当初予定では、今月22日から26日にかけて候補者登録受付を行い、12月4日及び5日に期日前投票が行われる予定で、約1,600万バーツの予算を見込んでいる。

 また、議員資格を失った2閣僚に関しては、閣僚のままでの補欠選挙への再出馬が法的には禁じられていない事を確認した。

 しかし、出馬議員が選挙期間中に水害被災者支援物資を提供する行為の是非に関しては、別途9日に招集される会議の場で検討が行われる予定だという。

posted by Jean T. at 00:00| バンコク | 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする