2010年11月18日

議員失職の2大臣、補選出馬前の大臣辞職を表明

 各報道によると、先に憲法裁判所の判決により下院議員を失職していたブンヂョン内務副大臣(プームヂャイ・タイ党)及びグゥアグーン運輸副大臣(チャート・タイ・パッタナー党)の両名は17日、正式に党決定に則り自らの失職により行われる補欠選挙に出馬する事を確認した上で、選挙出馬前に大臣ポストから辞任する意向である事を明らかにした。

 尚、グゥアグーン運輸副大臣に関しては、前日の時点で既に補欠選挙出馬前に大臣から辞職する意向を非公式に表明していた。

 ブンヂョン内務副大臣は22日付け、グゥアグーン運輸副大臣は19日付けで大臣から辞職する予定。

 また、両名とも大臣辞職は個人の判断に基づいたものであると語り、何らかの辞職圧力があったとの憶測を否定した。

posted by Jean T. at 00:00| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする