2010年11月18日

保健相、高級官僚が関わるセクハラビデオの事実関係調査を指示

 各報道によると、ヂュリン公共保健大臣は17日、省内の高級官僚とされる人物が大学生の女性に対してセクハラ行為に及んでいるビデオに関する事実関係を調査するよう指示した事を明らかにした。

 問題のビデオは、公共保健省次官のパイヂット・ウォラーチット氏に極めて似た人物が大学生の女性に対してセクハラ行為に及んでいるところを隠し撮りしたもので、当のパイヂット氏は公式には否定の会見を開いていないが、関係者に対して別人であると語っているという。

 パイヂット氏は、病院医師等からの強力な反対に晒されている医療事故被害者保護法の草案作成の総責任者でもある。

 ヂュリン大臣は、隠し撮りビデオ公開の背景に省内官僚間の激しい対立がある可能性を遠回しに示唆したが、対立に医療事故被害者保護法が関係している可能性に関しては、省内の対立は同法起草以前から存在していたとして無関係であるとの認識を示した。


* 関連報道動画 (途中でビデオのキャプチャー画像を見ることができる)
http://goo.gl/O3HAT
posted by Jean T. at 00:00| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする