2010年11月25日

合同国会、政府提出の下院議員選出方法を定めた憲法条項の改正案を可決

 各報道によると、25日、上下院合同議会は、政府が提出した憲法改正案2案の内、下院議員の選出に関して定めた憲法93条及び98条の改正案に対する採決が行われ、上下院議員総数620人の半数を超える330人が賛成票を投じ可決された。

 156人が反対票を投じ、34人が投票を棄権した。

 今後、残りの国際条約事前承認を義務づけた条項の改正案の採決が行われる。

posted by Jean T. at 19:51| バンコク | 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする