2010年11月26日

合同国会、国際条約の事前国会承認を義務づけた憲法条項改正案を可決

 各報道によると、25日21:00過ぎ、上下院合同議会は、政府が提出した国際条約の事前国会承認を義務づけた憲法190条の改正案を、上下院議員総数620人の半数を超える354票の賛成で可決した。

 19人が反対票を投じ17人が投票を棄権した。またプゥア・タイ党所属議員は議場から退場し投票に参加しなかった。

 これにより、政府から提出された2つの憲法改正案の両方が可決された。

posted by Jean T. at 00:00| バンコク ☀| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。