2010年11月30日

塀上の泥棒よけに足を突き刺され助けを求めていた男性が救助され病院に搬送

 各報道によると、29日5:00過ぎ、バンコクのラーチャテーウィー区内で、寄宿舎の塀上に取り付けられた泥棒よけ用の金属製の尖った先端に足の付け根近くを突き刺され助けを求めていた男性(36)が救助され病院に搬送された。

 男性を最初に発見した寄宿舎の管理人女性によると、男性は寄宿内にいる男性に会いに来た際に突き刺されたと主張していたが、寄宿舎内には男性があげた名前の人物は住んでいないという。

 警察は、男性が窃盗目的で塀によじ登った際に誤って金属製の尖った先端に突き刺された可能性もあると見て、男性の回復を待って事情聴取を行う方針であることを明らかにした。

* 報道画像
http://goo.gl/LWcLZ

posted by Jean T. at 00:00| バンコク ☀| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。