2010年11月30日

DSI、ヂャトゥポン氏の保釈取り消しを請求

 各報道によると、法務省特別捜査局が、プゥア・タイ党議員で反独裁民主主義同盟幹部に対して認められていた保釈の取り消しを検事局に請求していたことが29日明らかになった。検事局が29日確認した。

 ヂャトゥポン氏に関しては、赤服軍団メンバーで現在特別捜査局の重要証人として保釈中の元俳優のメーテイー・アモンラウティグン容疑者が、ヂャトゥポン氏から電話で脅迫を受けたとして、同氏に認められている保釈の取り消しを特別捜査局に要求しており、同局側は国会会期終了を受けて保釈取り消しの請求を検事局に対して行ったと見られている。

 尚、この件に関してヂャトゥポン氏側は、生まれてこの方メーティー容疑者と直接電話で話したことが無いと語り脅迫したとの指摘を否定すると共に特別捜査局に対して証拠の音声を公開するよう要求していた。

posted by Jean T. at 00:00| バンコク ☀| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。