2006年04月28日

警察官宅前で爆発

 27日11時頃、ナラーティワート県ルーソ郡中心部にある同郡警察所に所属する警察官の住宅前に仕掛けられていた爆発物が爆発し、たまたま近くを通りかかった13歳の少年が負傷を負いました。

 使用された爆発物は携帯電話を使用した遠隔起爆式の物だったようです。

 一方、17:30頃には、パッターニー県マーヨー郡内で、友人等3人と一緒に茶店でお茶を飲んでいた49歳のイスラム系住民男性が、バイクで現れた二人組に銃撃され死亡するという事件も発生しています。

posted by Jean T. at 00:43| 南部情勢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。