2010年12月16日

同盟議長代行が首相と面会、収監中の幹部の保釈について協議

 各報道によると、16日午前、バンコクにあるミラクル・グランド・ホテルのレストランで反独裁民主主義同盟議長代行のティダー・ターウォンセート女史(ウェーン・トーヂラーガーン氏夫人)及び同前議長のウィーラ・ムシッカポン氏がアピシット首相と約30分間面談した。

 現在収監中の同盟幹部等の保釈の方向性に関する話し合いが為されたという。

 尚、初期報道段階ではティダー女史等がアピシット首相との面会を要求する為にホテルに現れた報じられていたが、同女史によるとアピシット首相との面談は偶然実現したものだったという。

posted by Jean T. at 14:54| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする