2010年12月27日

クルンテープ・ポール、政府成果に対して不合格評価も首相に対しては合格評価

 私立バンコク大学が行う世論調査クルンテープ・ポールが、全国各地在住の18歳以上の回答者1,298人を対象に24日から25日にかけて行った調査で、政府結成2年間の成果に対して10点満点中4.61点と合格点に満たない評価が下される一方で、アピシット首相個人に対しては5.17点、同首相による2年間の政府成果発表に関しては6.27点と何れも合格点の評価が下されていた事が明らかになった。

 また、政策別評価に関しては、教育費15年間無料化政策、高齢者生活支援政策、国民負担軽減政策の順で評価が高かった。

 更に、与党第一党の民主党に対しては5.00点、連立与党に対しては3.89点、野党に対しては3.75点の評価が下された。

posted by Jean T. at 00:28| バンコク ☀| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。