2011年01月05日

小路に迷い込んだ露人男性、酒盛り中の建設作業員に襲われ金品を強奪される

 パッタヤー・デイリー・ニュースによると、3日4:00頃、チョンブリー県パッタヤー地区で、ロシア人の男性が建設作業員と見られるグループに刃物で襲われ重傷を負わされた上で金品を強奪された。

 被害にあった男性によると、娯楽施設で酒を飲み終えホテルに戻る途上で誤って迷い込んだ小路の中で、出くわした酒盛り中の4-5人の建設作業員と思われるグループから勧められた酒を飲んでいる最中に刃物で襲われたという。

 警察は、現場近くで寝起きしている建設作業員が犯行に関与していると見て捜査を開始した。

posted by Jean T. at 00:00| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。