2011年01月07日

12歳少女、ヘルメットで顔を隠した男に性的暴行を受けそうになったと訴える

 プーヂャッカーン紙によると、6日朝、12歳の少女が村長や祖母に伴われてノーンブララムプー県の県都警察署を訪れ、バイクに乗った見知らぬ男に性的暴行を受けそうになったと訴えた。

 少女によると、同日朝7:00頃にバイクに乗った男に無理矢理林に連れ込まれ性的暴行を受けそうになったが、男がズボンを脱いでいるすきを見て逃げ出し難を逃れたという。

 しかし、男は終始フルフェイスのヘルメットで顔を隠したままだった為、男の顔や素性に関しては分からないという。

 少女は、通学に使っている自転車のチェーンが切れた為、徒歩で学校に行く途中で事件に巻き込まれた。

posted by Jean T. at 11:39| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。