2011年01月07日

英国の預金者情報に基づき作成された偽造ATMで現金を詐取していたルーマニア人2人を逮捕

 各報道によると、警察は6日、不正に取得したイギリス国内の預金者情報を利用して現金自動支払機から現金を引き出した容疑で25歳と24歳のルーマニア人の男2人を逮捕し、偽造ATMカード366枚やATMカード用の書き込み装置等を押収すると共に逃走中の3人の外国人の行方を追っている事を明らかにした。

 調べによると、2人は主にバンコクのシーロム通りやヂャルンクルン通り、ヤオワラート通り、スクムウィット通り沿いにある現金自動支払機から複数の偽造されたATMカードを使用して総額1,400万バーツ以上を引き出していたとされ、最初に25歳の男がヤオワラート通りにあるホテル前で現金を引き出そうとしているところで身柄を確保され、その後男の供述に基づき2人の自宅内で24歳の男やATM偽造用の装置等が押収された。

 2人は取り調べに対して、自分たちはATM偽造グループの一員で、イギリス国内で不正に取得された金融機関に登録されている預金者情報を利用して偽造ATMカードを作成し現金を引き出していた。引き出された現金の内10%が自分たちの取り分で、残りは国際郵便を使用してイギリス国内に送り届けていたと供述しているという。

posted by Jean T. at 11:42| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。