2011年01月09日

ラムパーンでリス族の男を麻薬所持容疑で逮捕

 各報道によると、第5地区警察本部は8日、チェンマイ県メーテーン郡内在住のリス族の男(29)を販売目的で麻薬を所持していた容疑でラムパーン県ヂェーホム郡内に設置された検問所で逮捕し、麻薬ヤーバー296,000錠等を押収した事を明らかにした。

 男は取り調べに対して、1錠あたり1バーツの報酬で雇われて、当局の麻薬に対する警戒態勢が弱まると思われる子供の日を利用してパトゥムターニー県内にあるタラート・タイの顧客宛に届ける途上だったと供述しているという。

posted by Jean T. at 12:45| バンコク | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。