2011年01月11日

空港不法占拠容疑で逮捕状が発行されていた黄服系記者が国境検問所で身柄を確保される

 各報道によると、サケーオ県の入国管理当局は9日夜半、2008年11月末から12月初旬にかけてスワンナプーム国際空港及びドーンムァン空港を不法に占拠した容疑で逮捕状が発行されていたテレビ局FMTVの女性記者(53)の身柄を確保し、10日までに犯罪防止取締警察局に身柄を引き渡した。

 取り調べに対して記者は全面的に容疑を否認しているという。

 記者は、サケーオ県内の国境紛争地でカンボジア当局に身柄を確保された民主党所属下院議員を含む7人のタイ人関連の取材をする為に国境検問所を通過しようとした際に身柄を確保された。

 尚、記者は30万バーツの保釈金を納め即日付けで釈放された。

posted by Jean T. at 00:19| バンコク ☀| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。