2011年01月21日

集会期間中の死亡者の内13人が当局、12人が赤服側の攻撃により死亡 - DSI

 法務省特別捜査局のターリット局長は20日、反独裁民主主義同盟・赤服軍団の集会期間中に死亡した治安当局者を含む89人の内、8件12人が同盟側の攻撃により死亡し、8件13人が治安当局側の攻撃により死亡した可能性が高い事を明らかにした。

 同盟側の攻撃による死亡者には、昨年4月10日の衝突の際に狙撃により死亡した現場指揮官の大佐やセントラル・ワールド放火の際の死亡者が含まれ、治安当局側の攻撃による死亡者には既に国家警察本部が捜査を引き継いでいる日本人カメラマンやパトゥムワナーラーム寺内の5人の内の3人、ドゥシット動物園前での死亡者、アヌソンサタターン近くで死亡した兵卒が含まれている。

 また、残りの18件64人には、カッティヤ・サワディポン少将、イタリア人記者等が含まれており、何れも衝突による混乱した状況の中で発生していた為、証拠収集に困難を極めているという。

posted by Jean T. at 08:29| バンコク | 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。