2006年05月29日

人質教師暴行事件発生現場付近でM16を発見

 28日早朝、当局側は人質教師暴行事件が発生したナラーティワート県ランゲ郡内で集中捜索を行い、事件が発生した学校から約700メート離れた場所で使用可能なM16型ライフル1丁がゴムの木の下に隠されているのを発見しました。

 当局側によると、ライフルが隠されていたゴムの木には、一味側が目印にする為にアルファベットでパッタニー・マレー国民改革戦線の略称であるBRNと書かれていたようです。

 今回発見されたライフルに関して当局側は、教師人質暴行事件の発生を受け地域の警戒が強化された事を受け、一味側が摘発を逃れるために一時的に隠していたとの見方を示しているようです。

posted by Jean T. at 02:21| 南部情勢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。