2006年05月29日

民主党、大物及び銃器類の取り締まり強化を要請

 民主党のアロンゴン副党首は28日、27日夜半に元ラーチャブリー県第一選挙区選出タイ・ラック・タイ党所属下院議員のゴープグン・ナポームロップディー女史が襲撃され殺害される事件が発生した事を受け、政府に対して大物の摘発及び武器類の一斉押収摘発を強化するよう要請しました。
 
 発言の中でアロンゴン氏は、同じラーチャブリー県を地盤とする下院議員として度々仕事を一緒にさせてもらってきたゴープグン女史に対して哀悼の意を表明した上で、今回の事件が武器を使用した政争を地域にもたらす恐れがあるとして、政府及び警察に対して首謀者の逮捕を急ぐことはもとより、地域内で影響力を持っている大物や銃器類の摘発を強化するよう要請しました。
posted by Jean T. at 02:23| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。