2006年06月29日

暫定運輸副大臣、新空港に関する正しい報道を要請

 スワンナプーム新国際空港の視察を行ったポンサック暫定運輸大臣は28日、僅か3ヶ月で通信・管制システム等に問題を抱える新国際空港の商業供与開始は不可能であるとする海外通信社の報道は事実に基づかないものであると指摘した上で、国内マスコミに対して新国際空港に対する信頼を醸成する為にも正確な報道を心掛けるよう要請しました。

 同暫定副大臣は、タイ政府側は既に2005年9月28日から10ヶ月間に渡って通信システムや管制システムを初め、あらゆるシステムのチェックを行っており、現状では100%準備が完了していると言っても過言ではない状況にあると語った上で、ネガティブな国外報道は、潜在力を持つ新国際空港の開業により競争力を失ったり、観光収益を脅かされたくない国外利権の思惑が反映したものであると非難していました。

posted by Jean T. at 02:00| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。