2006年06月29日

チュワン元首相、公正な司法手続きが唯一の解決方法

 民主党最高顧問のチュワン・リークパイ氏は28日、独立機関たる司法機関がタクシン体制下で起こりえるあらゆる干渉を排除し、恣意的になることなく、己に与えられた任務を忠実に遂行することが、政治的な混乱を解決する唯一の解決手段であるとの認識を示しました。

 この発言は、検事総局が27日に民主党を含む5政党に対して解党処分を下すのが適切であると判断し、憲法裁判所に提訴する方針を明らかにした事を受けたもので、今回の公正さを欠いた奇妙な決定はタクシン体制下で独立性を脅かされ、更に民主党に対して私怨を抱く独立機関たる選挙委員会の恣意的な判断が強く作用した、起こりえる決定であったと指摘していました。

 一方、民主党のステープ幹事長は、私怨を晴らす為に原告に為り得る立場を悪用した選挙委員会を刑事告訴する方針を明らかにしていました。

posted by Jean T. at 02:00| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。